開発版 ver.03.17.02.07 よりLiveMaker.exeが同梱されます。
LiveMaker.exeはLiveNovelより低レベルな開発アプリケーションとなっており、LiveNovelで出力した中間ファイルを開いて編集することができます。

【LiveMaker.exeでプロジェクトを開く手順】
1)LiveMaker.exeを起動
2)ファイルメニューから「プロジェクトを開く」を実行
3)プロジェクトフォルダ内の「runimage」フォルダを開く

【LiveMaker.exeで扱うファイル】
・live.lpr:プロジェクトファイル
・拡張子「.lsc」:スクリプトファイル
・folder.ini:フォルダごとの設定情報

LiveNovelでビルドすると、上記のLiveMaker用ファイル(中間ファイル)を出力し、さらに実行用ファイルを出力します。中間ファイルを編集する際は、編集後にLiveNovelでビルドするとファイルが上書きされてしまいますのでご注意ください。

配布している雛形ファイルもLiveMaker.exeで作られていますので編集することができます。独自のカスタマイズをする場合は、雛形ファイルを複製して、複製した雛形ファイルを編集すると安全です。
返信
分かる人いませんか?
お世話になってます。 掲示板の『みんなで作るテクニック集』に掲載されていたシナリオ回想でのボイスリピート機能という記...
LiveCinemaを使って、シネマ作成をしようとした所、エラーメッセージで『Canvasに対する描画ができません。』や『...
Livemaker歴1週間ほどの初心者です。 スクロールバーが必要なほど広めのメニュー画面を作成しました。 スクロール...
初めてLiveMakerを使用してゲームを制作しています。 ムービーについて質問です。 別のソフトを使用し、E...