例えば、変数Vから10を引き、100より下げたくない場合、

V = V - 10
IF V < 100
  V = 100


こんな感じで記述しますが、これを1行で書くとこうなります。

V = Max( 100,V - 10 )

関数「Max」は2つの数値のうち大きい方を返すので、上記のように記述すると最小値を考慮した計算ができます。

逆に、変数Vに10を足し、100以下におさめたい場合は次のようになります。

V = Min( 100,V + 10 )

関数「Min」は2つの数値のうち小さい方を返します。

最後にMaxとMinを組み合わせてみます。
変数Vに変数Pを足し、100~200の範囲におさめたい場合は次のようになります(Pはマイナス値の場合もある)。

V = Max( 100,Min( 200,V + P ) )
返信
匿名で書き込む
画像1
画像2
画像3
※添付できる画像のファイルサイズは300KBまでです
添付ファイル
※添付できるファイルは lzh、zip、rar の何れか、またサイズは3MBまでです
分かる人いませんか?
計算ノード>メニュー作成で作成した文字列選択に SetEnabledなどの関数を使用して選択肢を有効、無効を切り替え...
ゲーム作成途中です。確認のためにビルド実行をすると、 スキップができる時とできない時があります。 できない時は無効扱い...
開いていただいてありがとうございます。 制作途中のゲームをマスター制作したところ、メモリが足りませんとだけでたので ...
ゲーム内でOPとしてAviutlで作成したaviファイルの動画を再生したいのですが、容量が少ないものは再生できるものの、大...