画像選択で分岐
次は、前回の選択肢を文字列ではなく画像で表示するように変えてみます。具体的には画面に×を表示し、プレイヤーにどちらか選択させます。
まず×の画像を用意してください。

マル.gal
 
バツ.gal
画像選択を行うためにはLivePreviewMenuで専用ファイルを作る必要があります。では、LivePreviewMenuを起動してください。
右下に「背景」という項目がありますが、これはボタンをレイアウトしやすくするために表示する背景画像です。作成するファイルには影響しないので、何を指定しても構いません。
では、左上にある「追加」ボタンを押してください。ファイルダイアログが出たら、「マル.gal」を選択します。画面右側に画像が表示され、左下にずらっと文字列が並びます。この左下のリストは、この画像のプロパティです。
このプロパティのうち「名前」を見てください。「Button00」になっていると思いますが、これを「マル」に変更してください。次に、右側に表示されている画像を実際に表示させたい位置までドラッグしてください。
はこれで完了です。ではまた「追加」ボタンを押して、今度は「バツ.gal」を選択してください。そして「名前」を「バツ」に変え、表示位置もの右に来るようにドラッグします。
最終的にはこのようになります。
これを「マルバツ.lpm」というファイル名で保存してください。
LiveNovelの作業に移ります。

「画像選択追加」ボタンをクリックしてください。
「床にバナナが」ノードから「画像選択」ノードにジャンプするように矢印を引きます。
そして「画像選択」ノードをダブルクリックします。
「ファイル」は選択に使用するプレビューメニューファイルです。先ほど作成した「マルバツ.lpm」を指定してください。
「背景画像」には選択画像の土台になる画像を指定します。ここでは土台なしで表示するので、空のままにしておきます。
「表示時間」は選択画像が出現する時のフェードイン時間です。ここでは500ミリ秒のままにしておきます。
「キャンセル」はプレイヤーが選択をキャンセルできるか指定します。ここでは必ず×のどちらかを選ばせたいので、チェックを外しておきます。
「自動消去」はプレイヤーが画像を選択した後に画像を消去するかどうかの指定です。ここでは消去するのでチェックを付けます。
「消去時間」は画像を消去する際のフェードアウト時間です。ここではデフォルトの500ミリ秒のままにしておきます。
OKをクリックしてダイアログを閉じます。
次に、選択結果によって分岐させるために、条件付きのジャンプを作成します。
文字列選択ノードから、(2)(3)のノードそれぞれに矢印を引いてください。
(2)に引いた矢印をダブルクリックします。
設定ダイアログが表示されます。
「条件」の「追加」ボタンをクリックします。
プレイヤーが選択した項目の名前が「選択値」という変数に入るので、それを使って条件を設定します。
「選択値 == "マル"」とします。「==」は左辺と右辺が同じという意味です。
OKをクリックしてダイアログを閉じます。
条件が設定されたジャンプは、赤い矢印になります。
ここでは2つの選択肢しかないので、「食べない」へのジャンプの条件は付けなくても構いませんが、付ける場合は「選択値 == "バツ"」になります。
ではF5を押して実行してみてください。

×画像が表示されたらそれぞれ選択して、正しく進むか確認してください。