開発版 ver.03.17.02.07 よりLiveMaker.exeが同梱されます。
LiveMaker.exeはLiveNovelより低レベルな開発アプリケーションとなっており、LiveNovelで出力した中間ファイルを開いて編集することができます。

【LiveMaker.exeでプロジェクトを開く手順】
1)LiveMaker.exeを起動
2)ファイルメニューから「プロジェクトを開く」を実行
3)プロジェクトフォルダ内の「runimage」フォルダを開く

【LiveMaker.exeで扱うファイル】
・live.lpr:プロジェクトファイル
・拡張子「.lsc」:スクリプトファイル
・folder.ini:フォルダごとの設定情報

LiveNovelでビルドすると、上記のLiveMaker用ファイル(中間ファイル)を出力し、さらに実行用ファイルを出力します。中間ファイルを編集する際は、編集後にLiveNovelでビルドするとファイルが上書きされてしまいますのでご注意ください。

配布している雛形ファイルもLiveMaker.exeで作られていますので編集することができます。独自のカスタマイズをする場合は、雛形ファイルを複製して、複製した雛形ファイルを編集すると安全です。
返信
分かる人いませんか?
はじめまして。 最近ゲーム作りを始めた超初心者です。 シネマで戦闘エフェクトを作りたいのですが、 何から始めたら...
逆転裁判のように、セリフに対して持ち物を選択し、それが正解であればフラグが立つといったシステムを作りたいです。 そも...
お世話になってます。 掲示板の『みんなで作るテクニック集』に掲載されていたシナリオ回想でのボイスリピート機能という記...
現在ライブメーカーで育成ゲームを作ろうと思っています。 育成ゲームは初めてなので参考にするサンプルを探しているのですがな...