開発版 ver.03.17.02.07 よりLiveMaker.exeが同梱されます。
LiveMaker.exeはLiveNovelより低レベルな開発アプリケーションとなっており、LiveNovelで出力した中間ファイルを開いて編集することができます。

【LiveMaker.exeでプロジェクトを開く手順】
1)LiveMaker.exeを起動
2)ファイルメニューから「プロジェクトを開く」を実行
3)プロジェクトフォルダ内の「runimage」フォルダを開く

【LiveMaker.exeで扱うファイル】
・live.lpr:プロジェクトファイル
・拡張子「.lsc」:スクリプトファイル
・folder.ini:フォルダごとの設定情報

LiveNovelでビルドすると、上記のLiveMaker用ファイル(中間ファイル)を出力し、さらに実行用ファイルを出力します。中間ファイルを編集する際は、編集後にLiveNovelでビルドするとファイルが上書きされてしまいますのでご注意ください。

配布している雛形ファイルもLiveMaker.exeで作られていますので編集することができます。独自のカスタマイズをする場合は、雛形ファイルを複製して、複製した雛形ファイルを編集すると安全です。
返信
分かる人いませんか?
計算ノード>メニュー作成で作成した文字列選択に SetEnabledなどの関数を使用して選択肢を有効、無効を切り替え...
既に完成している作品の動作環境についてですが、 windows8でも問題なくプレー出来ますでしょうか。 Windows...
現在32×32で目一杯大きく作ったオリジナルのカーソルを使用しているのですが、それでも小さく感じます。 LiveNove...
 こんばんは、質問失礼いたします。  好感度が1プラスされる、といったことをするため、変数や計算ノードを作ったのです...