例えば、変数Vから10を引き、100より下げたくない場合、

V = V - 10
IF V < 100
  V = 100


こんな感じで記述しますが、これを1行で書くとこうなります。

V = Max( 100,V - 10 )

関数「Max」は2つの数値のうち大きい方を返すので、上記のように記述すると最小値を考慮した計算ができます。

逆に、変数Vに10を足し、100以下におさめたい場合は次のようになります。

V = Min( 100,V + 10 )

関数「Min」は2つの数値のうち小さい方を返します。

最後にMaxとMinを組み合わせてみます。
変数Vに変数Pを足し、100~200の範囲におさめたい場合は次のようになります(Pはマイナス値の場合もある)。

V = Max( 100,Min( 200,V + P ) )
返信
匿名で書き込む
画像1
画像2
画像3
※添付できる画像のファイルサイズは300KBまでです
添付ファイル
※添付できるファイルは lzh、zip、rar の何れか、またサイズは3MBまでです
分かる人いませんか?
Livemaker歴1週間ほどの初心者です。 スクロールバーが必要なほど広めのメニュー画面を作成しました。 スクロール...
現在ライブメーカーで育成ゲームを作ろうと思っています。 育成ゲームは初めてなので参考にするサンプルを探しているのですがな...
スクリプト担当とデバッグ担当に分けて、サウンドノベルゲームを作ろうと思っているのですが、一人がスクリプトを打ち込んでる間に...
シナリオ中の文章校正のために、シナリオ回想をtxt出力するといったことは可能でしょうか?通常版にはそういった機能はないよう...