いろいろカスタマイズできるCGモードのプラグインを作ってみました。

まだ見てない画像や選択時のサムネイルを変更したり、
サイズや明るさ等も指定することができます。

計算ノードで処理を追加すれば、画面切り替えの方法を変更したり
選択した画像をシナリオノードで表示することも可能です。

いくつかサンプルチャートを用意しましたので
インポートして設定すれば、自分のプロジェクトでも動かすことができます。


○自分のプロジェクトにCGモードを導入する方法

1.LiveMakerのCGモードの設定
  自分のプロジェクトの[プロジェクト > オプション > CGモード]の
  [対象ファイルで]対象ファイルを設定します。
  設定できたら、試しに標準のCGモードで動くか試してみてください。

2.プラグインをコピー
  サンプルプロジェクトの[runimage¥プラグイン¥]に有る[CGモード.lsc]を
  自分のプロジェクトの同じ場所にコピーしてください。
  (フォルダごとコピーしてもかまいません)

  サンプルプロジェクトのメニューを使う場合は、
  [グラフィック¥インターフェース¥CGモード¥]もコピーしてください。

3.チャートのインポート
  自分のプロジェクトの、チャートリストを選択して[編集 > インポート]を選択するか
  チャートリストを右クリックして、メニューからインポートを選択してください。

  メニューでサンプルプロジェクトのフォルダを選択すると、
  チャートのリストが表示されるので、好きなチャートをインポートしてください。

4.プラグインのCGモードの設定
  インポートしたチャートを開いて、[CGモード呼び出し]の計算ノードを開きます。
  [CGモードの設定]に有る[計算]を、ダブルクリックして開いて
  標準のCGモードの設定を参考にしながら、各種パラメータを設定してください。
  画面効果等で変更可能な場所は、ピンク色でコメントが書いてあります。
  
5.チャート呼び出し
  通常のCGモードのように、チャート呼び出しノードで
  インポートしたチャートを呼び出してください。


まずLiveMakerのデフォルトのCGモードが動くようにしてから
導入したほうが簡単だと思います。


LiveMakerのバージョンは、ver.03.12.02.28(開発版)です。
file105.zip (2.56MB)
返信
1(匿名さん)
2017/12/17 23:17:03
はじめて質問させていただきます。

------


3.チャートのインポート
  自分のプロジェクトの、チャートリストを選択して[編集 > インポート]を選択するか
  チャートリストを右クリックして、メニューからインポートを選択してください。

  メニューでサンプルプロジェクトのフォルダを選択すると、
  チャートのリストが表示されるので、好きなチャートをインポートしてください。

4.プラグインのCGモードの設定
  インポートしたチャートを開いて、[CGモード呼び出し]の計算ノードを開きます。
  [CGモードの設定]に有る[計算]を、ダブルクリックして開いて
  標準のCGモードの設定を参考にしながら、各種パラメータを設定してください。
  画面効果等で変更可能な場所は、ピンク色でコメントが書いてあります。
  
5.チャート呼び出し
  通常のCGモードのように、チャート呼び出しノードで
  インポートしたチャートを呼び出してください。


まずLiveMakerのデフォルトのCGモードが動くようにしてから
導入したほうが簡単だと思います。


LiveMakerのバージョンは、ver.03.12.02.28(開発版)です。


----

とありますが、
[3.の   メニューでサンプルプロジェクトのフォルダを選択すると、
  チャートのリストが表示されるので、好きなチャートをインポートしてください。]とありますが、

ダウンロードしたファイルをインポートできません
インポートとは、具体的にどういうことでしょうか??

不慣れなものですみませんが教えていただければ助かります。
2ちゃろ
2017/12/18 22:41:58
ここでのインポートとは、他のプロジェクトから指定したチャートを取り込むことです。

作成した自分のプロジェクトの、チャートリストを選択して[編集 > インポート]を選択するか
チャートリストを右クリックして、メニューからインポートを選択してください。

[フォルダの参照]のメニューが開くので、ダウンロードしたサンプルプロジェクトのフォルダを選択します。
チャートのリストが表示されるので、[CGモード標準(サムネイル変更)]等
サンプルで気に入った処理のチャートをインポートして、設定してチャートを呼び出してください。


プラグインを導入するには、ある程度LiveMakerを理解している必要があります。
あまり慣れていないのでしたら、サンプルをそのまま使ってゲームを作った方が簡単かもしれません。
匿名で書き込む
画像1
画像2
画像3
※添付できる画像のファイルサイズは300KBまでです
添付ファイル
※添付できるファイルは lzh、zip、rar の何れか、またサイズは3MBまでです
分かる人いませんか?
お世話になってます。 掲示板の『みんなで作るテクニック集』に掲載されていたシナリオ回想でのボイスリピート機能という記...
現在ライブメーカーで育成ゲームを作ろうと思っています。 育成ゲームは初めてなので参考にするサンプルを探しているのですがな...
 テキストウィンドウ内でスクロールアップをすると,テキストウィンドウ内でバックログが表示されますよね? スクロールアップ...
 こんばんは、質問失礼いたします。  好感度が1プラスされる、といったことをするため、変数や計算ノードを作ったのです...